【2019年夏】学資保険おすすめランキング5!人気の秘密を徹底解説

学資保険 おすすめ比較ランキング 2019年版 (1)

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体の記事監修を務める。

大学に入りやすくなった近年、大学進学を視野に入れた資金の確保が望まれます。

大学生活の4年間は、子が家族と同居していても、独りでアパート暮らしを始めても、学習費や生活費が結構かかってしまいます。

資金積立に役立つのが「学資保険」です。今回は各サイトで常に人気ランキングへ顔を出している、学資保険商品の特徴を解説していきます。

この記事を読めば、学資保険の基本的知識や、取り上げる学資保険商品の特徴・注意点もわかり、みなさんの保険選びの良い参考資料になることでしょう。


この記事の要点
  • 明治安田生命「つみたて学資」、ソニー生命「学資金準備スクエア」フコク生命「みらいのつばさ」が学資保険では不動の人気を誇っている。
  • 学資保険の返戻率は基本的に101%から107%の商品が多い。
  • 明治安田生命「つみたて学資」は、基準保険金額を75万円(受取総額300万円)以上の保障内容で、保険料を一括払いにすると返戻率は109%になる。
  • 家庭に合ったプランは、ソニー生命の保険相談でプロのプランナーに無料で相談!
  •  

先輩パパ・ママに人気のソニー生命の学資保険詳細はこちら

学資保険上位ランキング

学資保険はいろいろなサイト等でランキングが掲示されています。どのランキングにも顔を出す保険商品1~5位は次の通りです。

学資保険上位 保険会社名・商品名
1位 明治安田生命「つみたて学資」
2位 ソニー生命「学資金準備スクエア」
3位 フコク生命「みらいのつばさ」
4位 アフラック「アフラックの夢みるこどもの学資保険」
5位 JA共済「こども共済」

その他にもランク圏外となっていますが、かんぽ生命の「はじめのかんぽ」という保険商品も、教育資金の積み立てに役立つことでしょう。

「はじめのかんぽ」は、子のための病気やケガの治療を賄う医療保障も、特約として設定できます。

松葉 直隆

教育資金と、子の健康との両立を考えるならば加入を検討してみましょう。

学資保険のコツをつかんでお得にお金を貯めよう!

学資保険検討者

妻が妊娠してちょうど5ヶ月で、そろそろ学資保険の加入を考えておこうかな?と思っています。気が早いでしょうか?

学資保険検討者

保険加入は死亡保険くらいにしか入っていなので、あまり学資保険は詳しくありません。

まず学資保険とはどういう仕組みの商品なのか知りたいです。

学資保険の加入を考え始めるのに遅いことはありません。お得な加入時期もありますので詳細を説明してまいりましょう。

松葉 直隆

学資保険とはどんな保険?

学資保険とは、子どもが将来進学する時の資金として前もって積み立てておく保険商品です。

毎月保険料を支払っていれば、保険契約時に設定しておいた資金の受け取り時期に、約束通り満期学資金が下ります。

この満期学資金は一括で受け取る契約でも、分割して年金形式(学資年金)で受け取ることも可能です。

この学資保険は保障プランによりますが、基本的に返戻率(保険料と比較して実際にお金が戻る割合)は高く、101%~109%の商品が多いです。

松葉 直隆

学資保険検討者

返戻率が高ければ高いほど、多くのお金が手元に戻ってくるということですね!

保障プランによっては、小学校・中学校・高校へ進学する度に祝金が受け取れる商品や、医療保障を特約として追加できる保証型の学資保険もあります。

学資保険検討者

学資保険以外の医療保険などに加入しなくても医療保障をつけられるんですか?
そのとおりではあるのですが、保障が薄く、手元に戻ってくるお金も100%を切ることがありますので要注意ではあります。

松葉 直隆

保証型の学資保険についてものちほど解説して参ります。

ご夫婦のニーズに合わせていろいろな商品を比較検討し、ベストな商品を選び出しましょう。

大学全入り時代を迎えて

2018年度の文部科学省「学校基本調査(速報値)」によれば、大学・短期大学進学率が2017年度を0.6ポイント上回り、57.9%に達し、過去最高となりました。

MEMO
大学・短期大学は学生の定員割れも目立ち始め、いわゆる「大学全入り」と呼ばれる状況になっています。

志望校を目指すため、敢えて浪人を選ぶ若者もいますが、そうは言っても、最近非常に大学へ入りやすくなっているのは事実です。

子どもの大学・短期大学の進学を見据え、なるべく早いうちから資金の準備が必要です。

学資保険検討者

では、学資保険の加入を検討した場合、いつ頃から加入した方が良いのでしょうか?

学資保険加入のタイミング

実は、学資保険へ加入できる子の年齢が非常に制約されているのをご存知でしょうか?

ほとんどの学資保険で、加入上限が5歳程度と、小学校入学前になっています。

学資保険の中には7歳くらいまで加入OKの商品もありますが、できるだけ速やかに加入した方が無難です。

松葉 直隆

加入の理想は出生前?

出産してすぐに加入すれば、大学進学時の18歳で満期学資金を受け取りたい場合、学資保険の保険料は月払ならば10,000円~12,000円位です。

7歳までなら加入はなんとか可能ですが、同じく18歳で満期学資金を受け取りたいならば、遅く加入した分、支払う毎月保険料の負担は重くなります。

学資保険検討者

出産してすぐに加入したい気持ちはありますが、育児用品の準備や子どもの世話に追われてなかなかその機会をつくれないような気がしています。
そのため、できるならば出生前に加入を済ませ、資金の準備をはじめた方が無難です。

松葉 直隆

加入は出産予定日の140日前でもOK!

最近の学資保険には、出産予定日の140日前(妊娠6ヶ月目)から加入できる商品もあります。

学資保険検討者

出産前に加入できるなら、夫婦ともにまだ余裕がある状態で保障内容を確認しつつ、保障プランを選ぶことも可能ですね!

出産前に学資保険に加入して、万一流産や死産したらお金はどうなるんですか?

保険料の支払いは申し込み時からスタートしますが、万が一流産や死産など、お子様が無事に生まれてこなかった場合にはそれまで支払った保険料はすべて戻ってきます。

MEMO
また、早めに加入しておけば、保険契約者(親)が不慮の事故で亡くなったり、高度障害状態になったりしても、「保険料払込免除特則」が利用できる場合がほとんどです。

この特則は、保険契約者(親)が前述した事態になったら、以後の保険料は全て免除される措置です。

そのため、大黒柱を失い保険料が払えない深刻なケースが生じても、契約通り満期学資金が下りることになります。

学資保険検討者

加入が早ければ早いほど、万が一の時にも、子どものための安心を確保することはできるんですね!

払込免除特約はソニー生命の学資保険

ソニー生命の学資保険「学資金準備スクエア」先輩パパ・ママに選ばれ続けてNo1!

ソニー生命の学資保険

学資保険検討者

いろいろな保障のタイプが選べる学資保険があれば是非教えてください。

保障内容がシンプルなのに柔軟なプランがオーダーメイド感覚で作れるソニー生命の学資保険は先輩パパ・ママに大人気ですよ。

松葉 直隆

学資金準備スクエアとは

ソニー生命の学資保険「学資金準備スクエア」は、加入希望者がI・Ⅱ・Ⅲ型というプランのいずれかを選んで教育資金の積み立てを行っていきます。

各プランの特長
  • I型:中学・高校・大学等、進学時の教育資金を総合的に備えることができます。
  • Ⅱ型:主に大学進学時の教育資金に重点を置き備えることができます。
  • Ⅲ型:大学進学後の在学中に必要な教育資金を備えることができます。

こちらの商品もI型・Ⅱ型は、子の出生予定日の140日前から加入申込ができます。

注意
ただし、Ⅲ型のみ、子の出生予定日の91日前からの申込に制約されてるため注意が必要です。

学資金準備スクエアの保障内容

こちらでは、I・Ⅱ・Ⅲ型それぞれの内容を解説します。

I型

I型は、進学学資金として中学入学時(12歳)・高校入学時(15歳)に教育資金を受け取れ、満期学資金として大学進学時(18歳)に教育資金を受け取れます。

基準学資金額が100万円の場合なら次のようになります。

被保険者年齢 学資金
12歳 進学学資金:30万円
15歳 進学学資金:30万円
18歳 満期学資金:100万円

事例をあげてシミュレーションしてみましょう。

ソニー生命の学資保険Ⅰ型シミュレーション
  • 加入契約者:父親
  • 被保険者:男子(0歳)
  • 基準学資金額:100万円
  • 保険期間:18歳満期
  • 保険料払込期間:被保険者10歳まで
加入契約者年齢 保険料・返戻率
25歳

保険料:13,100

返戻率:101.7%

30歳

保険料:13,110

返戻率:101.7%

35歳

保険料:13,130

返戻率:101.5%

40歳

保険料:13,170

返戻率:101.2%

Ⅱ型

Ⅱ型は、満期学資金として大学進学時(18歳)に教育資金を受け取れる仕組みとなります。

松葉 直隆

事例をあげてシミュレーションしてみましょう。

ソニー生命の学資保険 Ⅱ型シミュレーション
  • 加入契約者:父親
  • 被保険者:男子(0歳)
  • 基準学資金額:100万円
  • 保険期間:18歳満期
  • 保険料払込期間:被保険者10歳まで
加入契約者年齢 保険料・返戻率
25歳

保険料:7,940

返戻率:104.9%

30歳

保険料:7,950

返戻率:104.8%

35歳

保険料:7,960

返戻率:104.6%

40歳

保険料:7,980

返戻率:104.4%

Ⅲ型

Ⅲ型の仕組みは、進学学資金として18歳~21歳まで教育資金を受け取れ、満期学資金とし22歳時に教育資金を受け取れます。

基準学資金額が40万円の場合なら次のようになります。

被保険者(子)年齢 学資金
18歳 進学学資金:40万円
19歳 進学学資金:40万円
20歳 進学学資金:40万円
21歳 進学学資金:40万円
22歳 満期学資金:40万円

事例をあげてシミュレーションしてみましょう。

ソニー生命の学資保険 Ⅲ型シミュレーション
  • 加入契約者:父親
  • 被保険者:男子(0歳)
  • 基準学資金額:40万円
  • 保険期間:22歳満期
  • 保険料払込期間:被保険者10歳まで
加入契約者年齢 保険料・返戻率
25歳

保険料:15,532

返戻率:107.3%

30歳

保険料:15,540

返戻率:107.2%

35歳

保険料:15,568

返戻率:107.0%

40歳

保険料:15,616

返戻率:106.7%

学資金準備スクエアのポイントと注意点

こちらの商品のポイントと注意点は次の通りです。

学資金準備スクエアのポイント

自分の希望へ合致したプランを最終的に決定するのは、加入希望者自身です。

ただし、ソニー生命では、加入希望者にプランの提案・アドバイスを行う「ライフプランナー」が設けられています。

学資保険検討者

ライフプランナーって何ですか?聞き慣れない単語ですね。
ライフプランナーとは、保険の知識に精通した専門の担当者です。

松葉 直隆

ソニー生命のライフプランナー

保険プラン選びの際は、このライフプランナーと話し合いながら最適なプランを決定しましょう。

ソニー生命の学資保険詳細はこちら

明治安田生命の学資保険「つみたて学資」返戻率は高いけれど…?

つみたて学資とは

 

 

明治安田生命の「つみたて学資」は、基準保険金額が70万円以上になれば高額割引適用対象となって、返戻率が更に高くなります。

基準保険金額とは

保険金の支払時に基準となる保険金額を指し、被保険者の性別や年齢、予定利率等によって決定されます。

明治安田生命の学資保険の契約年齢範囲は次の通りです。

つみたて学資の契約年齢範囲
  • 被保険者(子):0歳~満6歳
  • 契約者(親):満18歳~満45歳

なお、子どもの出生予定日の140日前から加入申込ができます

学資保険検討者

明治安田生命の学資保険も妊娠中から加入が可能なんですね!

保障内容は非常にシンプルでわかりやすく、満期保険金を受け取る時期でもすえ置き期間が準備されているのが特徴です。

このことから、いろいろな事情の変化に対応が可能となるのです。満期日から5年が限度

松葉 直隆

また、次の2つのタイプの保険料払込免除事由が設けられています。

保険料払込免除事由
  • I型:死亡または所定の障害状態に該当した場合は以後の保険料が免除されます。
  • II型(2018年2月現在停止):死亡または所定の障害状態に該当した場合の他、初めて所定の悪性新生物(悪性のがん)と医師より診断確定された場合、免除対象となります。

つみたて学資の保障内容

保障内容としては、やはりお金が最もかかる大学入学・在学中に合わせ、教育資金として活用することを念頭に置いた商品といえます。

この商品では、教育資金・満期保険金として合計4回受け取ることができます。

こちらでは事例をあげて説明します。

つみたて学資の事例
  • 加入契約者:父親(30歳)
  • 被保険者:男子(0歳)
  • 受取学資金:教育資金3回+満期保険金1回に分け受取
学資金受取総額

保険料払込期間

被保険者15歳まで

保険料払込期間

被保険者10歳まで

200万円

※基準保険金額50万円

月払保険料:10,814 

返戻率:102.7%

月払保険料:15,910 

返戻率:104.7%

300万円

※基準保険金額75万円

月払保険料:15,995 

返戻率:104.1%

月払保険料:23,640 

返戻率:105.7%

基準保険金額が70万円以上の場合は高額割引適用の対象です。結果として返戻率は高くなります。

高額割引を適用する場合、毎月支払う保険料は表の通り高くなりますが、返戻率も上昇し学資金の受取で得をすることになります。

松葉 直隆

なお、残念ながら契約期間中に子が亡くなる事態になれば、死亡給付金を受け取ることができます。

つみたて学資のポイントと注意点

明治安田生命の学資保険のポイントと注意点は次の通りです。

つみたて学資のポイント

高額割引の適用のほか、妊娠中や出産後の育児に関する相談が可能な「24時間妊娠育児相談サービス」も加入者にとって大変魅力です。

松葉 直隆

学資保険検討者

特に女性にとってはとっても嬉しいサービスですね!

これから妊娠・出産に向かう場合や、子供の病気・ケガに対して、初めて対処することになる保護者は、いろいろ不安なこともあるでしょう。

こちらのサービスを利用すれば、看護師・保健師等が24時間対応にあたり、妊娠・育児等に関する的確なアドバイスを行ってくれます。

学資保険検討者

第一子でわからないことだらけなので、父親にとっても心強いサービスかもしれません。

ご自分の周りで相談に応じてくれそうな人がいない時、医療の専門家からのアドバイスは非常に頼りとなるでしょう。

このサービスは、明治安田生命の学資保険に契約をした方が利用対象者となります。

人気の学資保険商品のみの資料を、以下より一括で請求することも可能です。

松葉 直隆

「保険市場」で一括資料請求する(無料)

 

つみたて学資の注意点

つみたて学資は、保障内容がシンプルで大変わかりやすいのは事実です。

しかし、主契約以外に設定できる特約はなく、教育資金に特化した商品と言えます。

松葉 直隆

そのため、子の病気やケガの保障も受けたい場合には、子も加入できる医療保険や、「こども保険」等に加入して、万が一の事態に備える必要があるでしょう。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」兄弟割引が魅力

フコク生命「みらいのつばさ」

学資保険検討者

私たち夫婦は、できれば子どもを1人だけでなく2人くらい欲しいと思っています。

兄弟や姉妹となると、2人分の学資保険を検討することになるでしょう。

学資保険への加入が2人目以降の場合お得になる学資保険がフコク生命の「みらいのつばさ」です。

松葉 直隆

みらいのつばさとは

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」は、被保険者(子)が最高7歳まで加入することのできる商品です。

また、2人目の子から保険料を割引サービスとする「兄弟割引」があります。

フコク生命の学資保険の保障プラン
  • ステップ型:子の入園・入学・成人式に合わせ、お祝い金が受け取れて、大学卒業時には満期保険金が受け取れます。
  • ジャンプ型:このタイプは、大学進学時に祝い金を受け取れて、大学卒業時に満期保険金を受け取れます。

保険料の払込期間は、いずれのプランでも11、14、17歳から選択でき、各家庭の事情に合わせて積立が可能です。

みらいのつばさの保障内容

フコク生命の学資保険のプランはステップ型とジャンプ型となっておりますので、それぞれの内容を解説します。

ステップ型

ステップ型の仕組みは、例えば進学ごとに祝金として、3歳・6歳・12歳・15歳・18歳・20歳時に教育資金を受け取れ、満期保険金として大学卒業時(22歳)にお金を受け取れます。

満期保険金が100万円の場合なら次のようになります。

被保険者(子)年齢 学資金
幼稚園入園:3歳 入園祝金:5万円
小学校入学:6歳 入学祝金:5万円
中学校入学:12歳 入学祝金:10万円
高校入学:15歳 入学祝金:10万円
大学入学:18歳 入学祝金:70万円
成人祝:20歳 入学祝金:10万円
大学卒業時:22歳 満期学資金:100万円

事例をあげてシミュレーションしてみましょう。

フコク生命のみらいのつばさのステップ型の事例
  • 加入契約者:父親(30歳)
  • 被保険者:男子(0歳)
  • 満期保険金:100万円
  • 保険期間:22歳満期
  • 保険料払込期間:被保険者11歳まで
  • 兄弟割引適用:なし
項目 金額
保険料

月払保険料:15,186

払込保険料総額:2,004,552

受取総額 2,100,000円
返戻率 返戻率:104.7%

ジャンプ型

ステップ型の仕組みは、例えば大学合格時(18歳)に祝金として教育資金を受け取れ、満期保険金として大学卒業時(22歳)にお金を受け取れます。

満期保険金が100万円の場合なら次のようになります。

被保険者(子)年齢 学資金
大学入学:18歳 入学祝金:100万円
大学卒業時:22歳 満期保険金:100万円

事例をあげてシミュレーションしてみましょう。

フコク生命のみらいのつばさジャンプ型の事例
  • 加入契約者:父親(30歳)
  • 被保険者:男子(0歳)
  • 満期保険金:100万円
  • 保険期間:22歳満期
  • 保険料払込期間:被保険者11歳まで
  • 兄弟割引適用:なし
項目 金額
保険料

月払保険料:14,354

払込保険料総額:1,894,728

受取総額 2,000,000円
返戻率 返戻率:105.5%

みらいのつばさのポイントと注意点

こちらの商品のポイントと注意点は次の通りです。

みらいのつばさのポイント

被保険者(子)が既にフコク生命の学資保険に加入している場合、2人目の子が新たにみらいのつばさへ加入すれば、兄弟割引が適用されます。

学資保険検討者

学資保険で兄弟割引が適応される商品はあまり聞かないので魅力的ですね!
支払う保険料が割安となるうえに、返戻率も高くなります

松葉 直隆

ただし、次の条件全てに該当しなければいけません。

兄弟割引の条件
  • 加入契約者から兄弟割引利用を申出た場合
  • 被保険者の兄弟姉妹を被保険者とする第2契約があり、この契約締結前の第1契約が有効で、かつ、払済保険へ変更していない
  • 第1契約・第2契約の加入契約者(親)が同一人物

みらいのつばさの注意点

こちらの商品も、教育資金の積み立てに特化しているため、子の医療保障を設定するサービスは行っていません

学資保険検討者

やはり、子の万一の病気やケガの保障も備えたい場合には、別に医療保険等へ加入しておくことが賢明なんですね。

「保険市場」で一括資料請求する(無料)

 

アフラックの学資保険「夢みるこどもの学資保険」は返戻率と値上げが難

アフラック Aflacロゴ

大学の進学、学生生活4年間は何かとお金がかかりますが、高校入学も私立の場合はそれなりにかかりますね。

学資保険検討者

高校・大学時にまとまったお金が必要になると思いますので、その時にお金が下りる学資保険を探しています。
高校・大学時に大きなお金を受け取りたいならばAflacの学資保険がありますが、注意点もありますのでじっくり見ていきましょう。

松葉 直隆

アフラックの夢みるこどもの学資保険とは

「アフラックの夢みるこどもの学資保険」は、子どもの出産予定日の140日前から申し込みが可能な保険商品です。

保険料払込期間を10歳払済として選んだ場合以外は、満7歳まで保険契約が可能となります。

高校入学時にまとまったお金がかかることへ着目し、高校入学時には「学資一時金」を、大学入学から4年間にわたり「学資年金」を受け取ることができます。

松葉 直隆

こちらの保険にも保険料払込免除特則が設定されています。

保険料払込免除特則の条件
  • 加入契約者が保険料払込期間中に死亡
  • 加入契約者が、保障開始日以後の病気・ケガにより所定の高度障害状態になった
  • 加入契約者が保障開始日以後、発生した不慮の事故で180日以内に所定の身体障害状態になった

アフラックの夢みるこどもの学資保険の保障内容

前述した学資一時金、学資年金は次のように受け取ります(基準学資金額100万円の場合)。

被保険者(子)年齢 学資金
15歳 学資一時金:50万円
18歳 進学学資金:100万円
19歳 進学学資金:50万円
20歳 進学学資金:50万円
21歳 満期学資金:50万円

なお、残念ながら契約期間中に子が亡くなる事態になれば、死亡給付金を受け取ることができます。

こちらでは事例をあげて解説します。

アフラックの夢みるこどもの事例
  • 加入契約者:父親(30歳)
  • 被保険者:男子(0歳)
  • 満期保険金:100万円
  • 保険期間:22歳満期
  • 保険料払込期間:被保険者10歳まで
項目 金額
保険料

月払保険料:25,460

払込保険料総額:3,055,200

受取総額 3,000,000円
返戻率 返戻率:98.1%

アフラックの夢みるこどもの学資保険のポイントと注意点

こちらの商品のポイントと注意点は次の通りです。

アフラックの夢みるこどもの学資保険のポイント

アフラックの学資保険を検討する際に、いろいろと不明な点や質問したい点も見つかるはずです。

そんな時には、日本全国47都道府県中45の都道府県に存在する、アフラックの保険商品専門の無料相談窓口で何回も無料で質問できます。

松葉 直隆

学資保険検討者

何回も無料で相談できるならば、納得して加入ができそうですね!
人気の学資保険商品のみの資料を以下より一括で請求して家でゆっくり比較をしてみるのも良いでしょう。

松葉 直隆

「保険市場」で一括資料請求する(無料)

 

アフラックの夢みるこどもの注意点

前述した事例をみてもご存知の通り、他の学資保険よりも返戻率は低めです。

アフラックの「アフラックの夢みるこどもの学資保険」は、2017年1月に保険料の改定を行い、保険料の値上げを行いました。

保険の内容は変わらないなかで保険料を値上げしたことで、返戻率は105%有ったものが現在の98%前後になりました。

返戻率が100%を下回る商品であり、子供の病気などの保障もない商品ですので、はっきり言ってメリットはありません。

JA共済「こども共済」について

JA共済「こども共済

男性

学資保険は生命保険会社からの販売だけでなく、共済にも子供の教育資金を積み立てる商品があると聞きました。

女性

共済の学資保険商品は生命保険会社の商品とどういった違いがあるのですか?
JA共済が取り扱う「こども共済」は、子が万一の事態になった場合の保障に手厚い保険商品と言えます。

松葉 直隆

こども共済とは

こども共済の基本的な保障を選ぶと、子は12歳まで、契約者は18歳~75歳まで加入可能です。

一方、子が万一の事態に手厚い保障が下りるプランは以下の2つに分かれています。

こども共済で手厚い保証があるプラン
  1. 「にじ」
  2. 「えがお」

いずれのプランに申し込んでも子は11歳まで、契約者は18歳~75歳まで加入可能です。

男性

ということは、つまり祖父母もこども共済の契約者になることができるんですね。
おじいちゃん・おばあちゃんが孫へのプレゼントとして加入される場合もあるんですよ。

松葉 直隆

なお、学資金の受取は進学時期(中学・高校・大学)から選ぶことが可能です。

こども共済の保障内容

各共済金は次のように受け取ります(共済金額300万円・大学プランの場合)。

被保険者(子)年齢 学資金
18歳 学資金:60万円
19歳 学資金:60万円
20歳 学資金:60万円
21歳 学資金:60万円
22歳 満期共済金:60万円

こちらでは事例をあげて解説します。

こども共済の事例
  • 加入契約者:父親(30歳)
  • 被保険者:男子(0歳)
  • 共済金額:300万円
  • 保険期間:22歳満期
  • 共済掛金払込期間:子18歳まで
項目 金額
保険料

年払保険料:162,441

払込保険料総額:2,923,938

受取総額 3,000,000円
返戻率 返戻率:102.6%

こども共済のポイントと注意点

こども共済の商品のポイントと注意点は次の通りです。

こども共済のポイント

子どもが病気または災害に巻き込まれ、後遺障害となった場合や死亡した場合は、共済金額で設定したお金が受け取れます。

ただし、「こども共済」、「こども共済(にじ)」、「こども共済(えがお)」で下りる保障金額はそれぞれ異なります。

松葉 直隆

こちらでは前述した事例に当てはめて、受け取れる保障金額を説明します。

年齢/プラン こども共済 こども共済(にじ) こども共済(えがお)
0~5歳

災害:300万円

病気:300万円

災害:500万円

病気:300万円

災害:500万円

病気:300万円

6~14歳

災害:300万円

病気:300万円

災害:500万円

病気:300万円

災害:1,100万円

病気:900万円

15~22歳

災害:300万円

病気:300万円

災害:500万円

病気:300万円

災害:1,700万円

病気:1,500万円

こども共済の注意点

こども共済は、災害や病気による子の死亡保障・障害保障が充実した商品と言えます。

しかし、医療保障が付帯されているわけではないで、別に医療保険へ加入しておいた方が良いでしょう。

松葉 直隆

まとめ

学資保険にはいろいろと特色のある商品があり、ご家庭のニーズに合った保険を選ぶことが大切です。

ただし、子どもの人生はやはり子ども自身のものです。

ご両親が学資保険へ加入し、大学進学に備えていたとしても、高校卒業と同時に社会へ出ることも十分考えられます。

学資保険検討者

その場合であっても、満期になった学資金はしっかり受け取れるのならば、子どもの結婚資金や就職祝いなど、違う使い道にまわせますよね。

また、学資保険選びに迷ったら、最近では店舗型・訪問型の無料保険相談サービスを行う業者も数多く登場しています。

店舗型へは実際にご自分が来店し、訪問型では自宅等へ担当者を呼ぶことで質問したり、アドバイスを受けたりすることができます。

保険に関する知識を有する担当者ばかりなので、不明な点を何度も聞き、助言も受けながらベストな保険選びを行うのも良いでしょう。

松葉 直隆

たとえば学資保険で人気No.1のソニー生命も無料で保険相談を行ってくれます。

今なら豪華キャンペーンも実施中なので、この機会に相談してみるのも良いかもしれませんね。

[sonysoudan]

ソニー生命の学資保険詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です