【2019年秋最新】学資保険の返戻率ランキングBest5発表!最高値109%の罠

学資保険返戻率おすすめ比較ランキング

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体の記事監修を務める。

返戻率の高い学資保険を選ぼうにも、各保険会社から学資保険は数多く販売されているために、なかなかベストな商品を探すのに手間取る方も多いのではないでしょうか?

貯蓄代わりに学資保険を選ぶのであれば、やはり支払った保険料よりも多くの学資金を手に入れたいと思うでしょう。

そこでこの記事では、返戻率が高い順に学資保険をランキングし、またそれぞれの保険の内容や評判を詳しく解説していきます。

より高い返戻率で、お得に自分の考え方に合った保険を選ぶようにしましょう。

この記事の要点
  • 学資保険で一番返戻率が高いのは明治安田生命「つみたて学資」で109%の返戻率
  • 普通預金や定期預金では金利が低いため、貯蓄型で返戻率の高い学資保険に加入することが重要
  • 明治安田生命「つみたて学資」以外に返戻率が高いのは、ソニー生命「学資金準備スクエア」や日本生命「ニッセイ学資保険」など。
  • 今人気の学資保険商品をまとめて資料請求。大切なお子さんへの資金をご家族で話し合いましょう。

学資保険おすすめランキングは保険市場の資料請求で!

 

\人気学資保険資料請求は1分で完了/

学資保険資料をまとめて請求(無料)

先輩パパ・ママに人気のソニー生命の学資保険詳細はこちら

学資保険、返戻率の高い順ランキング

学資保険検討者

現在、妻が妊娠6ヶ月となりました。妻と子のための教育資金について話し合い、学資保険に加入しよう、ということになりました。

学資保険検討者

申込む学資保険は、返戻率の高い商品が良いと聞きました。返戻率の高い学資保険を是非教えて下さい!

こちらでは、返戻率の高い学資保険をランキング形式で取り上げ、学資保険の役割等も解説します。

返戻率の高い学資保険について

返戻率の高い学資保険をランキングにしてみます。

松葉 直隆

下表を参考にして下さい。

ランキング 保険会社・商品名 返戻率
1位 明治安田生命「つみたて学資」 104%~109%
2位 ソニー生命「学資金準備スクエア」 102%~108%
3位 日本生命「ニッセイ学資保険」 101%~107%
4位 フコク生命「みらいのつばさ」 101%~106%
5位 JA共済「こども共済」 101%~105%

返戻率の高い学資保険の上位5位までは、上の表の通りです。

MEMO

今のところ学資保険では、返戻率が130%・140%を超える商品は販売されていません。

また、返戻率は保険料払込方法(月払か、年払か、一括払か)、保険料払込期間(10年か、15年か)、保険契約者の年齢・性別によっても変化します。

学資保険の役割

学資保険の最大の目的は、子の教育資金の確保にあります。

子の教育資金を貯める方法としては、普通預金や定期預金をまず思い浮かべるかもしれませんね。

低金利の時代

しかし、預金の場合は現在、金利が非常に低い状態となっています。

定期預金ですら0.20%で金利が高い方と言われている現状もあります。

その点、学資保険は積立重視(返戻率の高い)商品で、101%~109%と返戻率(預金で言えば金利)が高くなっています。

また、学資保険は一度契約すれば、保険が満期になるか中途解約しない限り、積み立てた学資金を受け取ることは原則として不可能です。

そのため、保険契約者の指定口座から一定期間に引き落とされ、積み立てられる仕組みの学資保険は、貯金の苦手な人でも教育資金を着実に確保できる有効な手段と言えます。

松葉 直隆

返戻率はなぜ大事?

MEMO

返戻率の高い学資保険ランキングは、保険申込希望者に人気の高い学資保険でもあります。

これは、返戻率の高い学資保険ほど、効率的に教育資金を積み立てることが可能だからです。

前述したように、定期預金ですら金利が相変わらず低く、普通預金に至っては、預けるだけしか事実上メリットのない状態が続いています。

教育資金を着実に積み立て、安全に運用され、受け取るお金を増やす方法こそ、貯蓄型保険商品である学資保険なのです。

であるなら、保険申込希望者がより返戻率の高い商品を選びたいと思うことは当然と言えます。

学資保険は加入した方が良いのか?

結局のところ、「学資保険に加入した方が良いのかどうか?」と言うと、どちらでも構いません。

お金を貯める・資産運用をする自信のない方で、確実に教育費の準備をしたいと言う方は、学資保険に加入して強制的に積み立てると言う方法が向いています。

逆に、お金を貯める・資産運用をする自信のある方で、学資保険の返戻率以上のお金を貯めることの出来る方にとっては、学資保険は必要のない保険と言えるでしょう。

学資保険は子供が18歳になってから学資年金として保険金(給付金)を受け取るため、非常に保険期間も保険料支払期間も長くなる保険です。

注意

冷静に考えれば、18年間で最大でも元本の9%を上乗せされるだけです。

100万円を支払ったら109万円になるだけで、18年間で9万円増えるだけです。1年間に言うと5千円です。

これをどう思うかと言う事だけです。

高返戻率な学資保険第1位 明治安田生命「つみたて学資」

高返戻率な学資保険第1位 明治安田生命「つみたて学資」

学資保険検討者

明治安田生命「つみたて学資」は、返戻率が最も高く109%もあるんですか?大変興味があります!

学資保険検討者

この、つみたて学資の保険内容と返戻率の詳細について教えて下さい。

こちらでは、明治安田生命「つみたて学資」の内容、そして保険契約者の声を取り上げます。

明治安田生命「つみたて学資」の保険内容

明治安田生命の学資保険「つみたて学資」の保険内容

つみたて学資は、“返戻率の高さ”に特化した学資保険です。

松葉 直隆

保険プランが何種類も分かれているわけではなく、保険内容はシンプルです。

加入可能な年齢は、被保険者(子)なら、0歳(出生予定日140日以内)~満6歳まで、保険契約者(親)なら満18歳~満45歳までです。

MEMO

保険契約時に基準保険金額を70万円以上と設定すれば、高額割引適用対象となり返戻率が高くなります。

受け取れる学資金は、大学進学時に納める入学金、在学中の学費等を想定し、教育資金3回+満期保険金1回という形となります。

保険料払込方法は、①月掛(月払)、②新半年掛、③新年掛(全期前納払)があります。

当然、全期前納払の方が返戻率は高まります。

つみたて学資の返戻率

つみたて学資の返戻率について、事例をあげて解説していきます。

(例)

  • 被保険者(子):0歳
  • 保険契約者:25歳
  • 受取金総額:300万円(基準保険金額75万円)

月払の場合

こちらでは、保険料払込期間が10歳または15歳のケースに分けて返戻率を見てみましょう。

松葉 直隆

(1)保険料払込期間15歳まで

15歳まで 月払保険料 返戻率
保険契約者(男性) 15,970円 104.3%
保険契約者(女性) 15,926円 104.6%

(2)保険料払込期間10歳まで

10歳まで 月払保険料 返戻率
保険契約者(男性) 23,623円 105.8%
保険契約者(女性) 23,580円 106.0%

全期前納払(一括払)の場合

全期前納払 保険料総額 返戻率
保険契約者(男性) 2,749,776円 109.0%
保険契約者(女性) 2,744,750円 109.2%

返戻率について解説

保険料を保険契約時に一括払してしまえば、当然返戻率は最も高くなります。

その反面、その場合の払い込む保険料総額はかなり高額になります。

MEMO
全期前納払は家計の事情で難しくとも、月払で子が10歳までに払い終える、保険契約者を父親ではなく母親にする、このような方法でも返戻率は高くなります。

保険契約者の声

こちらでは、つみたて学資を利用している方々の意見について取り上げます。

(1)30歳男性

我が子の大切な教育資金なのだから、一番重視したのはどれぐらい受け取るお金が増えるかという点です。

返戻率が109%という保険は、つみたて学資の他に無かったので子が生まれてすぐに申し込みました。

また、明治安田生命は保険の最大手です。

経営が健全な会社なので破綻することもなく安心ですね。

(2)20歳女性

明治安田生命は、保険の最大手なので申込む際は何の不安もありませんでした。

返戻率が非常に高く、夫も納得した上で加入を申込みました。

申込を担当したMYライフプランアドバイザーの方から、保険契約者が男性と女性では返戻率は異なる点、積立年数でも返戻率が変化することを丁寧に教えてもらいました。

説明がわかりやすく安心できました。

(3)つみたて学資の評価について

つみたて学資は返戻率が学資保険の中で最も高い点、明治安田生命という有名会社の商品である点が高評価となっています。

また、保険の知識を持つ営業担当者(MYライフプランアドバイザー)が申込手続きや、アドバイスを行ってくれるのも良い評価につながっています。

高返戻率な学資保険第2位 ソニー生命「学資金準備スクエア」

高返戻率な学資保険第2位 ソニー生命「学資金準備スクエア」

学資保険検討者

返戻率の高い学資保険は確かに魅力です。

でも、学習費にお金がかかるのは大学進学時だけではありません。

学資保険検討者

中学校や高校へ進学する際にも、学資金の一部がもらえたらありがたいのですが・・・・。

第3章では、ソニー生命「学資金準備スクエア」の内容、そして保険契約者の声を取り上げます。

ソニー生命「学資金準備スクエア」の保険内容

ソニー生命の学資保険「学資金準備スクエア」の保険内容

学資金準備スクエアは、加入申込希望者がご自分のニーズに合わせ、3つのプラン(I・Ⅱ・Ⅲ型)を選ぶことができる商品です。

各プランの内容
  • I型:中学・高校・大学等、計3回にわたり進学時の費用を賄うことができます。
  • Ⅱ型:大学進学時にかかる費用を賄うためのプランです。学資金は一括で下ります。
  • Ⅲ型:大学進学後4年間に必要な資金として、計5回学資金が受け取れます。

I型・Ⅱ型は、子の出生予定日140日以内に加入申込が可能です。

一方、Ⅲ型は、子の出生予定日91日以内に加入申込が可能です。

MEMO

なお、以前ソニー生命では教育資金を米ドル(養老保険)で運用する「学資プラン」が販売されていました。

しかし、現在は学資プランの販売をとりやめており、ホームページからも削除されています。

そのため、学資保険として利用できるのは上記の3つのプランとなっています。

学資金準備スクエアの返戻率

学資金準備スクエアの返戻率について、事例をあげて解説していきます。

松葉 直隆

(例)

  • 被保険者(子):0歳
  • 保険契約者:25歳
  • 受取金総額:300万円(I型のみ288万円)

I型の場合

I型の保険料払込方法を、月払と年払のケースに分けて返戻率を見てみましょう。

松葉 直隆

(1)月払(保険料払込期間10歳まで)

月払 月払保険料 返戻率
保険契約者(男性) 23,580円 101.7%
保険契約者(女性) 23,526円 102.0%

(2)年払(保険料払込期間10歳まで)

年払 年間保険料 返戻率
保険契約者(男性) 280,836円 102.5%
保険契約者(女性) 280,188円 102.7%

Ⅱ型・Ⅲ型の場合

保険料払込期間10歳までのケースで、それぞれの返戻率を見てみましょう。

松葉 直隆

(1)Ⅱ型

Ⅱ型 月払保険料 返戻率
保険契約者(男性) 23,820円 104.9%
保険契約者(女性) 23,790円 105.0%

(2)Ⅲ型

Ⅲ型 月払保険料 返戻率
保険契約者(男性) 23,298円 107.3%
保険契約者(女性) 23,256円 107.4%

返戻率について解説

I型は年払いをしても約102%であり、Ⅱ型・Ⅲ型と比較して返戻率は最も低くなります。

ただし、中学進学(12歳時)、高校進学(15歳時)の時も進学学資金として学資金の一部が受け取れるので、入学費用・教材費の一部を賄いたいご家庭には、役立つ保険プランと言えます。

なお、Ⅲ型は最も返戻率が高く約107%となります。

ただし、Ⅱ型のように学資金が一括で下りるわけではなく、計5回分を均等に分割して受け取る方式です。

つまり、事例のように受取金総額が300万円なら、大学進学(18歳時)~大学卒業(22歳時)まで、毎年60万円を受け取ることになります。

松葉 直隆

保険契約者の声

こちらでは、学資金準備スクエアを利用している方々の意見について取り上げます。

(1)30代女性

私たち夫婦としては学資保険へ加入することを前々から決めていましたが、子が中学生になれば部活動費や塾の費用等、だんだん負担も増してくるので、中学進学前に払い終えるプランを探していました。

学資金準備スクエアなら、子供が10歳になるまでには保険料の払込が終了し、返戻率も高いのでこの保険へ加入しました。

子が大学に進学した場合、学費をメインに学資金を賄いたかったのでⅢ型にしました。

Ⅲ型だと返戻率が最も高いですし。

(2)20代女性

主人と話し合った結果、中学・高校の進学時にも、学資金を受けられるプランがあるので、この学資保険へ加入しました。

やはり、中学・高校の進学時にも、いろいろ教材費等はかかってしまいますので。

申込の際に担当したライフプランナーさんが、わかりやすく丁寧に保険内容を説明してくれて大助かりでした。

保険プランは、素人の私達夫婦だけで決めるのは不安ですので、ライフプランナーさんの助言は役立ちます。

(3)学資金準備スクエアの評価について

学資金準備スクエアは、いろいろな受取方法を選べるプランが好評のようです。

松葉 直隆

たとえ返戻率が低くても、ご家庭でどんな時に学資金が下りれば役立つのかを、しっかり話し合ってプランを選びたいものですよね。

また、保険専門の営業担当者(ライフプランナー)のアドバイスが、明快で丁寧な点も評価されています。

ソニー生命の学資保険詳細はこちら

高返戻率な学資保険第3位 日本生命「ニッセイ学資保険」

高返戻率な学資保険第3位 日本生命「ニッセイ学資保険」

学資保険検討者

私が大学生の頃は、在学中の生活費の工面に苦労した記憶があります。

学資保険検討者

バイトも大切ですが、親としては学業に専念してもらいたいですね。

大学在学中の学費、生活費を賄うのに適した学資保険はあるでしょうか・・・?

第4章では、日本生命「ニッセイ学資保険」内容、そして保険契約者の声を取り上げます。

日本生命「ニッセイ学資保険」の保険内容

日本生命の学資保険「ニッセイ学資保険」の保険内容

ニッセイ学資保険は、保険満期時に一括で学資金を受け取るというタイプの商品ではなく、大学進学・在学中の学費・生活費等を賄うことが想定された商品です。

特に子が地方から都心の大学へ進学するケースでは、アパート等で一人暮らしをすることも想定しておく必要があります。

そんな時、大学在学中の学費・生活費の一部を賄うために役立つ学資保険と言えます。

選択できるプランには「こども祝金あり型」「こども祝金なし型」があります。

MEMO

「こども祝金あり型」は、小学校・中学校・高校進学時、大学進学4年間の合計8回分の祝金・学資年金が下ります。

「こども祝金なし型」は、大学進学・在学中4年間の合計5回分、学資年金が受け取れます。

ニッセイ学資保険の返戻率

ニッセイ学資保険の返戻率について、事例をあげて解説していきます。

  • 被保険者(子):0歳
  • 保険契約者:25歳
  • 基準保険金額:100万円
  • 受取金総額:300万円

こども祝金あり型の場合

こども祝金あり型の保険料払込方法を、月払と年払のケースに分けて返戻率を見てみましょう。

松葉 直隆

(1)月払(保険料払込期間、学資年金開始時まで)

月払 月払保険料 返戻率
保険契約者(男性) 16,260円 102.5%
保険契約者(女性) 16,210円 102.8%

(2)年払(保険料払込期間、学資年金開始時まで)

年払 年間保険料 返戻率
保険契約者(男性) 194,340円 102.9%
保険契約者(女性) 193,750円 103.2%

こども祝金なし型の場合

こども祝金なし型の保険料払込方法を、月払と年払のケースに分けて返戻率を見てみましょう。

松葉 直隆

(1)月払(保険料払込期間10歳まで)

月払 月払保険料 返戻率
保険契約者(男性) 23,300円 107.2%
保険契約者(女性) 23,260円 107.4%

(2)年払(保険料払込期間10歳まで)

年払 年間保険料 返戻率
保険契約者(男性) 278,500円 107.7%
保険契約者(女性) 278,020円 107.9%

返戻率について解説

「こども祝金あり型」も「こども祝金なし型」も、大学進学時に最も多く学資金が受け取れます。

事例の場合ならば、受取総額の1/3にあたる100万円が高校3年時に受け取れます。

MEMO
ニッセイ学資保険の受取方式は、分割(学資年金)であるものの、まとまった入学費用を支払う18歳時に、多くの学資金が受け取れるのは魅力です。

保険契約者の声

こちらでは、ニッセイ学資保険を利用している方々の意見について取り上げます。

(1)30歳女性

小さい時から積み立てをしておくと、学資金が下りる年齢の17歳・18歳の高校・大学進学時とお金のかかる時期に、増えた学資金が受け取れるのでお得です。

私の場合は子供にお金がかかりはじめる中学進学まで、何とか積立を完了しておきたかったので、ニッセイ学資保険を選んで正解だったなと思います。

家計に合わせて学資金を設定でき、返戻率も高いので非常に効率が良いですね。

子が小さい時にお金がかからない間、しっかり積み立てをすれば家計に響くことなく子の進学へ備えられます。

(2)30歳男性

ニッセイ学資保険を申し込む時、保険料を10年間積み立て・年払とした。

これだとより返戻率が高くなるからだ。一度に支払う保険料は高いが、返戻率の関係から年払はお得だ。

私が大学生の頃は一人暮らしだったので、生活費を稼ぐため大学の授業が受けれないこともあったから、この保険へ入ることができて安心している。

(3)ニッセイ学資保険の評価について

ニッセイ学資保険は返戻率が高い他、子が一人暮らししても、生活費の援助を想定した受取方法なので、安心できると言った意見がありました。

また、年払とすれば更に返戻率が高くなり、お得であることも高評価の要因となっています。

松葉 直隆

高返戻率な学資保険第4位 フコク生命「みらいのつばさ」

学資保険検討者

私たち夫婦は、少なくとも2人位は子を持ちたいと思っています。

学資保険検討者

兄弟姉妹を対象に、割引等のサービスが受けられる学資保険は無いものでしょうか・・・?

第5章では、フコク生命「みらいのつばさ」の保険、そして保険契約者の声を取り上げます。

フコク生命「みらいのつばさ」の保険内容

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の保険内容

ご夫婦が授かる子は1人だけと限りません。

みらいのつばさは、2人目以降の子から「兄弟割引」が適用される学資保険となっています。

兄弟割引が適用できると保険料が軽減されるので、その分返戻率は高くなります。

受け取りプランには、「ステップ型」と「ジャンプ型」があります。

MEMO

「ステップ型」は、子が入園・入学と進学する度に、祝金として学資金の一部が下ります

入学祝金は入園~大学までの計5回、成人祝金として1回、満期保険金が1回、合計7回分が受け取れます。

一方、「ジャンプ型」は大学進学の費用に重点を置き、大学入学祝金1回、満期保険金1回の合計2回分の学資金が下ります。

みらいのつばさの返戻率

みらいのつばさの返戻率について、事例をあげて解説していきます。

  • 被保険者(子):0歳
  • 保険契約者:25歳
  • 保険料払込期間:11歳
  • 満期保険金額:100万円

ステップ型の場合

ステップ型の保険料払込方法を、兄弟割引あり・なしのケースに分けて返戻率を見てみましょう。

松葉 直隆

なお、学資金の受取総額は210万円です。

(1)兄弟割引なし(月払・保険料払込期間11歳まで)

月払 月払保険料 返戻率
保険契約者(男性) 15,173円 104.8%
保険契約者(女性) 15,142円 105.0%

(2)兄弟割引あり(月払・保険料払込期間11歳まで)

年払 年間保険料 返戻率
保険契約者(男性) 15,073円 105.5%
保険契約者(女性) 15,042円 105.7%

ジャンプ型の場合

ジャンプ型の保険料払込方法を、兄弟割引あり・なしのケースに分けて返戻率を見てみましょう。

松葉 直隆

なお、学資金の受取総額は200万円です。

(1)兄弟割引なし(月払・保険料払込期間11歳まで)

月払 月払保険料 返戻率
保険契約者(男性) 14,343円 105.6%
保険契約者(女性) 14,313円 105.8%

(2)兄弟割引あり(月払・保険料払込期間11歳まで)

年払 年間保険料 返戻率
保険契約者(男性) 14,243円 106.3%
保険契約者(女性) 14,213円 106.6%

返戻率について解説

MEMO
ステップ型・ジャンプ型ともに、「兄弟割引あり」の場合の方が、「兄弟割引なし」の場合より、0.7%返戻率がUPします。

ただし、保険に加入した第1子または第2子以降の子の、保険料が免除されるわけではありません。

保険申込の際は、毎月かかる保険料と、受け取る学資金額のバランスを慎重に考慮する必要があります。

保険契約者の声

こちらでは、みらいのつばさを利用している方々の意見について取り上げます。

(1)20代男性

みらいのつばさを選んだ最大の理由は、兄弟割引がある点です。

既に私達夫婦は子が2人いるので、兄弟とも加入しています。

もしも子が1人できたなら更に加入したいですね。

私の方では進学の度に祝金が受け取れる、ステップ型を選びました。

返戻率はやや低くても、進学の都度、入学費用等を賄えるので助かります。

(2)30代女性

私が進学する時、大学の進学準備や就職の準備にお金がかかってしまいました。

その経験も踏まえて、我が子が大学時代に苦労しないよう、お金の準備をしておきたいと思いました。

私夫婦で話し合い、現在、返還率の高いジャンプ型に入っているので、まとまったお金がかかる大学入学時も安心ですね。

第2子ができたら、今度は兄弟割引を利用してみらいのつばさに再び加入したいと考えています。

(3)みらいのつばさの評価について

みらいのつばさは兄弟割引で、保険料が軽減される他、学資金の受け取りタイミングが大学進学の際に限られない点も、高評価につながっています。

返戻率はジャンプ型の方が高いものの、進学の都度、祝金の受け取れるステップ型も人気ですね。

松葉 直隆

高返戻率な学資保険第5位 JA共済「こども共済」

高返戻率な学資保険第5位 JA共済「こども共済」

学資保険検討者

子が成長する過程であまり考えたくないことですが、子が死亡したり、病気やケガ等で後遺障害になったりすることがあるかもしれません。

学資保険検討者

返戻率も高めで、保障も手厚い学資保険はないものでしょうか・・・?

第6章では、JA共済「こども共済」の内容と、そして保険契約者の声を取り上げます。

JA共済「こども共済」の保険内容

JA共済の学資保険「こども共済」の保険内容

こども共済は返戻率が高めであることに加え、子が万一の事態になったとき、手厚い保障が約束された商品です。

MEMO

こども共済の基本的な保障では、子は12歳、契約者なら18歳~75歳まで加入できます。

学資金は18歳~22歳満期まで計5回分、均等に分割して受け取ることができます(大学プラン)。

更に、手厚い保障を希望するなら、「にじ」「えがお」の2つプランが用意されています。

こちらの場合、いずれのプランに申し込んでも、子は11歳まで、契約者なら18歳~75歳まで加入可能できます。

ただし、保障を厚くした分、返戻率に影響が出てきてしまいます

松葉 直隆

次項ではこども共済の基本保障を取り上げ、返戻率を解説します。

こども共済の返戻率

みらいのつばさの返戻率について、事例をあげて解説していきます。

  • 学資金タイプ:基本型・大学プラン
  • 被保険者(子):0歳
  • 保険契約者:25歳
  • 保険料払込期間:11歳
  • 満期年齢:22歳
  • 共済金額:300万円

月払の場合

月払 月払掛金 返戻率
保険契約者(男性) 22,443円 101.2%
保険契約者(女性) 22,392円 101.4%

年払の場合

年払 年払掛金 返戻率
保険契約者(男性) 258,090円 105.6%
保険契約者(女性) 257,487円 105.9%

返戻率について解説

MEMO

子の死亡・後遺障害保障が約束されつつ、月払であっても返戻率は100%を超えているのがメリットと言えます。

年払にすれば、更に返戻率は105%を超えます。

事例の場合は、共済金額300万円で設定しているので、災害・病気による死亡・後遺障害保障は最大300万円が下ります。

保障を厚くする目的で、こども共済の「にじ」を申し込んだ場合、死亡・後遺障害保障は災害が原因なら最大500万円、病気なら最大300万円が下ります。

一方、「えがお」を申し込んだ場合、死亡・後遺障害保障は災害が原因なら最大1,700万円、病気なら最大1,500万円が下ります。

注意
ただし、保障を厚くすれば、それだけ返戻率は下がり元本割れ(払い込んだ共済掛金より受け取る共済金が少ない事態)となるので、注意しましょう。

保険契約者の声

こちらでは、こども共済を利用している方々の意見について取り上げます。

(1)30代男性

JAの支店が自宅の近くにあり、口座もあるので普段からよくお世話になっています。

そんなこともあって、このこども共済へ加入しました。

私としては返戻率の比較的高い商品が理想でした。

でも、東日本大震災を経験している者として、災害で子が後遺障害を負うことも念頭に置いた次第です。

手厚い保障があって、掛金も年払いにすれば返戻率は高くなるので、安心とお得が両立できて満足です。

(2)30代女性

こども共済を選んだ理由は、JA共済のテレビCMや新聞のチラシで目にすることがあったので、興味を持ち申し込みました。

返戻率は100%を超えてなかなかお得ですが、やはり保障機能もついている点が大きな魅力です。

万が一、子供が病気や災害で重い後遺障害を負った場合、満期給付金が保険金として下ります。

他の学資保険のように、積立貯金としてだけではなく、死亡・後遺障害保険の機能を有しているので、子供を守る観点からも頼もしい商品と思っています。

(3)こども共済の評価について

こども共済を選んだ方々は、返戻率が比較的高く積立に申し分ないという理由の他、子のいざという事態を想定した備えとして申し込んでいる点が注目できます。

MEMO

災害や病気・ケガによる後遺障害への金銭的なサポートも、やはり教育資金と同じく大切です。

こども共済は、教育資金の確保と、手厚い保障を兼ね備えた商品として評価されています。

まとめ

返戻率の高い学資保険は確かに魅力ですが、学資金を受け取るタイミング、受け取る方法は商品によってそれぞれ異なります。

ご家庭にとってどんな学資保険が一番理想的か、ご夫婦でよく考えて決定しましょう。

松葉 直隆