ライフネット生命への口コミから見える会社の対応と商品への評判!

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体の記事監修を務める。

ライフネット生命は、営業所や営業マンを置かず、インターネットなどを活用した直販型の生命保険会社です。

保険申し込みを直接保険会社と行うことで、様々なコストカットをする事で保険料の安さを実現しています

その様な仕組みを執っているライフネット生命には、どの様な評判があるのか気になる方も居るのではないでしょうか?

この記事では、ライフネット生命への口コミを基に、保険会社の対応や保険商品への評判を紹介していきます。

この記事の要点
  • ライフネット生命自体への評判を紹介
  • ライフネット生命が販売する保険商品の概要を紹介
  • ライフネット生命の4商品への口コミの紹介
  • 保険の新規加入や見直しを検討するなら、相談員の約97%が国家資格であるFPの資格を所持している「ほけんのぜんぶ」無料で相談することをおすすめします。

各種生命保険の相談はFP所持率97%のほけんのぜんぶがおすすめ!

 

\1分で完了/

 

「ほけんのぜんぶ」公式HPはこちら

ライフネット生命への口コミを紹介

保険のドリル読者

ライフネット生命は申込が簡単で、販売している保険商品の内容もわかりやすいみたいですね。

まずライフネット生命そのものの評判を知りたいです。

こちらでは、ライフネット生命の気になる口コミ保険会社とトラブルが発生した場合の対応について解説します。

松葉 直隆

ライフネット生命の保険は「ほけんのぜんぶ」で相談(無料)

ライフネット生命の気になる口コミ

こちらではライフネット生命の利用者への対応に関する口コミを取り上げます。

概ね次のような感想を持つ方々が多いです。

35歳女性(満足度100点/100点中)

テレビのCMでライフネット生命がよく流れていたので、それをきっかけにネットで加入しました。

私が加入したのは医療保険ですが、保険料が安くて仕組みもわかりやすく安心して保障継続できます

ネット申し込みの際、不明な点を確認するため、電話で相談した時のスタッフさんの対応も良かったです。

契約してからは私の誕生日になるとちゃんと案内状が送られてくるので、契約後のケアもちゃんとしているなあと感心しました。

51歳男性(満足度100点/100点中)

保険料が確かに安いですが、ライフネット生命は給付金をもらう時に診断書が不要で、必要な書類がスマホで送付できるので便利です!

知人が退院直後、病院に行って安くないお金を払い、医者の診断書を受け取って、それを郵送する作業が大変と話していました。

いざという時にライフネット生命のサービスが使いやすい点は魅力です。

36歳女性(満足度0点/100点中)

入院したので給付金を請求しましたが、その際に、申込手続きに不備のある事が判明しました。

しかし、ただの入力ミスでした。

ですが、調査会社から調べに行くと言われ、対応も大変失礼な方々で怒りがこみ上げてきました

数ヶ月揉めた挙句、告知義務違反と言われ文書で解除されました。

当然給付金も受け取れず。

入力を間違えただけでこの様な対応をする保険会社は初めてで愕然としました

42歳女性(満足度0点/100点中)

手術をして給付金を請求したところ、契約の強制解除通知がきました

驚いてしまい大急ぎでサポートセンターへ連絡をしました。

解除の理由を聞くと、契約時の質問(告知項目)のなかで、一部食い違ってるということでした。

内容をしっかり確認せず回答した私も悪いのですが、対応したオペレーターが『あなたが悪いので』と言ってきました

何もそこまで言うことないでしょ!

不満点はどこか?

ライフネット生命は電話対応が丁寧契約後のケアもちゃんとしており給付金の請求手続きも簡単と言う点が高評価となっています。

一方で、申込手続きの不備で強制解除された告知項目の誤りで契約解除されたと言う批判も目立ちます。

評価は文字通り真っ二つに分かれています。

ただし、このようなケースは他の保険会社でも目立つ傾向と言えます。

ただし、批判的な口コミ投稿者の感想が本当なら、申込手続きや調査・対応があまりに厳格過ぎる印象を受けます。

『あなたが悪いので』という心無い言葉も気になります。

ネット専用保険は、やはり申込希望者と対面で手続きをしておらず、相手方の人となりが全くわかりません。

このような理由から、特に給付金請求の際の審査・調査は厳しく対応している可能性があります

そのため、申込の際の手続きも、給付金請求の際の手続きも正確かつ慎重に行う必要があるでしょう。

保険会社とトラブルが発生した場合

ライフネット生命に批判的な口コミは、給付金不支給や契約解除等、利用者にとって深刻な事態が多いです。

このような事態には、ご自分一人で対処せず【生命保険協会】へまず相談しましょう。

生命保険協会は、生命保険事業に関する苦情対応・紛争解決を行う一般社団法人です。

この協会の生命保険相談所に相談すれば、相談者の疑問・悩みを整理し、解決に向けたアドバイスをしてくれます。

また、相談だけではなく紛争解決手続を行い、裁定審査会を開くことも可能です。

いろいろな解決手段があるので、トラブルが発生しても冷静に対応しましょう

ライフネット生命の保険商品の特徴と概要を紹介

保険のドリル読者

ライフネット生命への評判は割れていますね。

もしも、トラブルとなったら、先ほど教えて頂いた対処法を検討したいです。

それでは、ライフネット生命の販売する保険商品の特徴について教えて欲しいです。

こちらでは、ライフネット生命が販売する保険商品の特徴概要を紹介します。

松葉 直隆

生命保険の事なら「ほけんのぜんぶ」で相談(無料)

ネット専用保険として販売!

ライフネット生命の販売する保険商品は、医療保険・がん保険・定期保険(死亡保険)・就業不能保険の4種類となります。

また、販売中の商品は女性専用医療保険を含め5つのみで、他社の保険商品数と比較すれば決して多くはない数です。

しかし、いずれの商品もネットで気軽に申し込みができ、面倒な対面申込や郵送申し込みの紙面に必要事項を記載する手間も要りません。

ご自分の好きな時間に申込手続きが可能です。

また、積立(貯蓄)を目的としない、掛け捨て型の商品ばかりですが(ただし、保険料が短期払なら解約返戻金を受け取れる商品あり)、その分、保障内容がシンプルで保険初心者も安心して加入できます。

申込方法がネット専用となっているので、他社よりも人件費が抑えられ、その分保険料が割安になっています。

そのため、申し込みは簡単にご自分のペースで行いたい皆さん、保険料をなるべく抑えたい皆さんに最適の保険といえます。

申込は慎重に!?

ライフネット生命の保険商品はいずれも、ネット申込手続きで完結できる商品ばかりです。

ご自分の好きな時間に、自分のペースで進められるので気軽に申込ができることでしょう。

とはいえ、ご自宅等でネット環境が整備されていないと、申込手続きはできません。

また、PCやスマホの扱いが苦手な方々もおられるはずです。

また、申込の入力を誤り前述したようなトラブルが発生した方々もいます

若い人たちは抵抗なく申込手続きを進められそうですが、ネットでの手続き等に不慣れなご年配の方々は扱いにくいかもしれません

そんな時は、皆さんの利用するショッピングモールや、駅の近くにある【保険無料相談窓口】で相談してみましょう。

保険無料相談窓口の中には、ライフネット生命を扱っている業者もあります。

その窓口の担当者にアドバイスを受けても良いでしょう。

ライフネット生命の4商品の概要

ライフネット生命の取り扱う保険商品で、口コミの投稿が多いのは次の4商品です。

終身医療保険「じぶんへの保険3」

病気やケガの入院治療サポートはもちろん、がんの治療サポートを特に厚くできる終身医療保険です。

終身医療保険「じぶんへの保険3レディース」

女性専用となる終身医療保険で、女性特定疾病で入院すれば通常の入院給付金日額×2倍が受け取れます

がん保険「ダブルエール」

がん診断一時金が特に充実(最高300万円)し、入院・通院にかかわらず、がんの三大治療も回数無制限で保障される商品です。

定期死亡保険「かぞくへの保険」

保険金額は1億円まで設定でき、保険期間が最長90歳まで自動更新できる死亡保険です。

保険料払込期間は細かく選べます

 

次章以降では、こちらの4商品の特徴と口コミを基にした評判を解説していきましょう。

終身医療保険「じぶんへの保険3」への口コミ

保険のドリル読者

病気やケガの入院・治療をサポートする医療保険であることに加え、がん治療も手厚く設定できるのは頼もしいです。

そんな「じぶんへの保険3」に加入した方々の感想を聞きたいです。

こちらでは「じぶんへの保険3」の特徴と口コミを基にした評判を解説します。

松葉 直隆

医療保険なら「ほけんのぜんぶ」で相談(無料)

「じぶんへの保険3」の特徴

ライフネット生命の「じぶんへの保険3」は、日帰り入院から長期の入院の治療まで手厚くカバーされている終身医療保険です。

日帰り入院でも一律5日分の入院給付金が保障され、所定のがん・心疾患・脳血管疾患で入院すれば入院日数は無制限で保障されます。

また、がん治療にも手厚く【がん治療給付金】は入院給付金日額×100倍が受け取れ、入院・通院問わず1年に1回、計5回まで給付されます。

「じぶんへの保険3」の契約内容は次の通りです。

  • 契約年齢:20歳~70歳
  • 保険料払込期間:終身、60歳まで、65歳まで
  • 保険料払込回数:月払のみ
  • 保険料決済方法:口座振替・クレジットカード払
  • 入院給付金日額:5,000円、8,000円、10,000円、12,000円、15,000円

「じぶんへの保険3」を評価する口コミ

「じぶんへの保険3」は、短期入院が充実し保障内容もシンプルがん治療にも手厚い点が評価されています。

一部を紹介します。

26歳男性(満足度100点/100点中)

私はまだ20代なので病気になる不安がないですが、何かあった時の安心感を得たくて入りました。

「じぶんへの保険3」は、がん治療等の特約がプラスされたおすすめコース、価格の安いエコノミーコースがあります。

私は最低限のサポート内容でよかったので、価格の安いエコノミーコースを選びました

日帰り入院はもちろん価格の割に手術給付金がついているのは頼もしいです。

33歳男性(満足度100点/100点中)

「じぶんへの保険3」は、保障内容もシンプルでわかりやすいですが、がん治療サポートを特に手厚くできるので加入しました。

がんを発症しても、入院給付金日額の100倍の一時金が受け取れるので、治療の早い段階からお金を請求できるので、安心して治療に専念できます。

中高年以降になれば、がんのリスクは高まるので今のうちに備えて置いて正解でした。

「じぶんへの保険3」を批判する口コミ

「じぶんへの保険3」には、次のような指摘もありました。

46歳男性(満足度50点/100点中)

入院保障は短期入院、長期入院なら三大疾病の場合に無制限保障となるので手厚い。

しかし、手術給付金の保障内容は他社より弱いかなと思う

1回の入院手術は入院給付金日額×10倍だが、他社では最高院給付金日額×40倍という商品もある。

わたしは、がんは怖いが、がん手術の費用は付加できる一時金(がん治療給付金)で賄うしかないかなとは思う。

ただし、この一時金は通院治療の際も受け取れるので便利だが。

口コミの総括

「じぶんへの保険3」は、短期入院が充実し保障内容もシンプルがん治療にも手厚くがんと診断確定されたら一時金を最高150万円も一気に受け取れる点が評価されています。

一方で、手術保障が薄い部分に批判もありました。

確かに、他社の商品では入院手術の場合に1回で受け取る手術給付金が、入院給付金日額×20倍であるケースがほとんどです。

また、がん・心疾患・脳血管疾患のような深刻な病気の手術(開腹・開頭術等)が、入院給付金日額×40倍まで受け取れる商品も販売されています。

入院や一時金のみならず手術保障も充実させるべく、ライフネット生命には更なる保障内容の充実・開発が期待されます。

終身医療保険「じぶんへの保険3レディース」への口コミ

保険のドリル読者

私の姉は、女性の特定疾病がとても気になるようです。

やはり女性にとって、女性の特定部位のトラブルは脅威だと思うので、女性専用保険でもしもの事態に備えたいようです

そこで「じぶんへの保険3レディース」に加入した方々の感想を聞きたいです。

こちらでは「じぶんへの保険3レディース」の特徴と口コミを基にした評判を解説します。

松葉 直隆

女性向けの保険も「ほけんのぜんぶ」で相談(無料)

「じぶんへの保険3レディース」の特徴

ライフネット生命の「じぶんへの保険3レディース」も、「じぶんへの保険3」と同様、日帰り入院から長期の入院の治療まで手厚くカバーされている終身医療保険です。

日帰り入院でも一律5日分の入院給付金が保障され、所定のがん・心疾患・脳血管疾患で入院すれば入院日数は無制限で保障されます。

その上、女性特定疾病で入院した場合は、入院給付金と同額の【女性入院給付金】が受け取れます。

つまり、女性特定疾病が原因の入院なら、入院給付金へ女性入院給付金が更に上乗せされて受け取れることとなります。

「じぶんへの保険3レディース」の契約内容は次の通りです。

  • 契約年齢:20歳~70歳
  • 保険料払込期間:終身、60歳まで、65歳まで
  • 保険料払込回数:月払のみ
  • 保険料決済方法:口座振替・クレジットカード払
  • 入院給付金日額:5,000円、8,000円、10,000円、12,000円、15,000円

「じぶんへの保険3レディース」を評価する口コミ

「じぶんへの保険3レディース」は、女性入院給付金で受け取れる金額が大きくがん治療サポートも充実している点が評価されています。

一部を紹介します。

28歳女性(満足度100点/100点中)

本当は普通の医療保険への加入を考えていましたが、異常分娩や女性特有の病気も怖いので「じぶんへの保険3レディース」に加入しました。

実際に私が心配した通り契約してから数年後、出産する時に緊急で帝王切開することになりました。

もちろん帝王切開は異常分娩ですので、5日間の入院で給付金が約16万円支払われました

公的な助成金である出産育児一時金と合わせると、出産費用をほとんどカバーすることができて大満足です。

30歳女性(満足度100点/100点中)

女性特有の病気で入院した場合、通常の入院給付金に上乗せして給付金が受け取れます。

保障を手厚くしているので、日帰り入院でも5日分の入院給付金が貰えるのも心強く感じたので「じぶんへの保険3レディース」を選びました。

特約で先進医療保障、がん治療給付金、3大生活習慣病で入院給付金の支払限度日数が無制限になる入院給付金は、5,000円~15,000円まで設定できるのでとても魅力的ですね。

「じぶんへの保険3レディース」を批判する口コミ

「じぶんへの保険3レディース」には、次のような指摘もありました。

36歳女性(満足度60点/100点中)

女性入院給付金は入院給付金と同額も受け取れるのは心強いですが、通院保障が無いのは気になります

最近の医療は短期入院で済むことが多くなったようですね。

でも【退院=完治】ではなく、その後も通院しなければいけないかもしれません。

私の自宅から徒歩でも通える医療機関はありますが、自宅から遠い医療機関へ通院することもあるはずです。

通院距離が長いと交通費も負担となります

やはり、通院給付金を特約という形で付加してもらえればとても安心できました

口コミの総括

「じぶんへの保険3レディース」は、女性入院給付金で受け取れる金額が大きくがん治療サポートも充実している点が高評価となっています。

しかし、通院給付金が特約で付加されていない点に不満もありました。

現在の医療は短期入院の傾向が目立っています。

確かに、短期で退院できれば患者や家族にとってありがたいことでしょう。

しかし、とりわけ地方では医療機関がかなり離れた場所にある場合も多く、交通費は予想外に高額となるおそれがあります

がんの通院治療の場合ならば、一時金である【がん治療給付金】が受け取れますが、それ以外の病気で通院サポートが受けられないのは難点です。

ライフネット生命には、通院保障が特約として付加できるような仕組みを設けてもらいたいものです。

がん保険「ダブルエール」への口コミ

保険のドリル読者

「じぶんへの保険3」・「じぶんへの保険3レディース」の、がん治療サポートは非常に手厚いですね。

ならば、がん保険である「ダブルエール」のサポートも大いに期待できることでしょう。

そこで「ダブルエール」に加入した方々の感想も是非聞きたいです。

こちらでは「ダブルエール」の特徴と口コミを基にした評判を解説します。

松葉 直隆

がん保険も「ほけんのぜんぶ」で相談(無料)

「ダブルエール」の特徴

ライフネット生命の「ダブルエール」は、がん診断一時金が最高300万円まで設定可能な終身がん保険です。

この商品では、このがん診断一時金のみで契約可能な【シンプルタイプ】、診断一時金と治療サポート給付金も付帯された【ベーシックタイプ】、更にがん収入サポート給付金も付帯された【プレミアムタイプ】の3つのタイプが用意されています。

がんの闘病生活を余儀なくされ、収入減少の予想される方々にも安心な保障を付帯することができます

なお、がん(上皮内新生物対象外)と診断確定された時、以後の保険料が免除される措置も用意されています。

「ダブルエール」の契約内容は次の通りです。

  • 契約年齢:20歳~70歳
  • 保険料払込期間:終身
  • 保険料払込方法(回数):月払
  • 保険料払込方法(経路):口座振替・クレジットカード

「ダブルエール」を評価する口コミ

「ダブルエール」は、オプションが充実し3種類のプランから選べる点が評価されています。

一部を紹介します。

34歳男性(満足度100点/100点中)

「ダブルエール」は、3つの保障プランの中から1つを選べるので【プレミアム】を選びました。

私としては、がん診断一時金として100万円、月に1度の治療サポート給付金は10万円に加え、闘病生活で働けない場合を想定して、がん収入サポート給付金も付帯しました。

また、通算2000万円までがん先進医療給付金も受け取れるので、がんと診断されても、これらの金銭的サポートがあれば冷静に対応できるなと安心しています

保険料はその分若干高めとなるものの、経済的な不安を少しでも軽減するためには必要な負担ですよ。

37歳男性(満足度100点/100点中)

がん診断一時金のみで契約可能な【シンプルタイプ】に加入しています。

一時金は300万円で設定しています。

これなら、がんと診断確定された際に、入院・手術治療・通院のほとんど全ての費用を賄えそうです。

おまけに、計5回このまとまったお金が受け取れるのはかなりお得です。

やはり、がんと診断確定されたら衝撃を受けると思うので、請求の手間を最低限に抑えて治療へ専念したいですね。

その意味でも「ダブルエール」へ加入できて精神的にも安心しています

「ダブルエール」を批判する口コミ

「ダブルエール」には、次のような指摘もありました。

38歳女性(満足度70点/100点中)

がん(悪性新生物)と診断された際、がん一時金が最大300万円も受け取れるのは魅力です。

ただし、初期のがん(上皮内新生物)と診断確定された場合は、一時金が半減されてしまうのは惜しいですね。

初期のがん(上皮内新生物)の段階で、がんの発症が確認されればその後の治療で完治は十分期待できるので、深刻な病気とまで判断されていないのはわかります。

でも、初期の段階からよりまとまった一時金が受け取れれば大満足でした

口コミの総括

「ダブルエール」は、オプションが充実し、闘病生活による収入減少もサポートされ、申込希望者のニーズに応じて3種類のプランから選べる点が高評価となっています。

一方、初期のがん(上皮内新生物)も、より手厚い一時金サポートとなっていれば安心だったという指摘もありました。

他社のがん保険では、がん(悪性新生物)のみが基本保障とされている場合も多いです。

その点、「ダブルエール」では減額されるものの、初期のがん(上皮内新生物)は保障範囲となっています。

がん診断一時金を300万円で設定すれば、上皮内新生物診断一時金は150万円も受け取れるます。

そこで、初期のがんで充実した保障を受けたい場合、がん診断一時金を高めに設定して加入する等の工夫してみましょう

定期死亡保険「かぞくへの保険」への口コミ

保険のドリル読者

私としては、医療保険やがん保険を備えるのはもちろんですが、私が亡くなった時の死亡保障にも備えたいですね。

そこで「かぞくへの保険」に加入した方々の感想を是非聞きたいです。

こちらでは「かぞくへの保険」の特徴と口コミを基にした評判を解説します。

松葉 直隆

定期保険も「ほけんのぜんぶ」で相談(無料)

「かぞくへの保険」の特徴

ライフネット生命の「かぞくへの保険」は、保険金額が1億円まで設定が出来て保険期間は最長90歳まで自動更新できます

もちろんネット専用保険なので、保険金額が1億円でもネット申し手続きで対応可能です。

ただし、契約年齢ごとに告知のみで申込OKな契約金額の上限が異なります

この金額の上限を超えた場合は健康診断書の添付が必要です。

「かぞくへの保険」は、保険内容がシンプルでわかりやすく、保険料のとても安い点が魅力で、気軽に安く死亡保障を備えたい方々へ最適の商品と言えます。

「かぞくへの保険」の契約内容は次の通りです。

  • 契約年齢:20歳~70歳
  • 保険期間・保険料払込期間:10年・20年・30年・65歳まで・80歳まで・90歳まで
  • 保険料払込回数:月払のみ
  • 保険料決済方法:口座振替・クレジットカード払
  • 保険金額:500万円~1億円

「かぞくへの保険」を評価する口コミ

「かぞくへの保険」は、保障内容に無駄が無く自分に合ったプランを幅広く選べる点が評価されています。

一部を紹介します。

32歳女性(満足度100点/100点中)

家庭内で1000万円程度の保障のある死亡保険に入りたくて、いろいろな保険商品を検討し「かぞくへの保険」に加入しました。

ネットで検討したらとにかく簡潔明朗だったので。

本当に掛け捨ての死亡保障が欲しいだけなのに、他の会社は分かりにくいですね。

申し込みもとても複雑ですし。

ライフネット生命の場合はまるでネットショッピングで品物を買うくらい簡単で便利でした。

1000万円で保険金を設定しても割安ですし、今後も安心して加入継続ができます。

38歳男性(満足度100点/100点中)

ライフネット生命の「かぞくへの保険」を選んだ理由は、より自分に合ったプランを設定することができるからです。

とにかく保障内容はンプルでわかりやすく、保険料が安い商品を探して「かぞくへの保険」を見つけました。

それに加えこの保険は、保険金額が500万円~1億円まで選べ、保険期間も年満期なら10年・20年・30年、歳満期なら65歳まで・80歳まで・90歳までと細かく選ぶことが可能でした。

お陰で自分に合ったプランを設定できて大満足です。

「かぞくへの保険」を批判する口コミ

「かぞくへの保険」には、次のような指摘もありました。

66歳男性(満足度60点/100点中)

保障内容はシンプルで申し込みも便利、90歳まで更新可能と聞いたので、相続税対策に丁度良いと判断してかぞくへの保険を選んだ。

だが、1,500万円で保険金額を設定したところ健康診断書が必要だった

56歳以上では告知のみの申込で良いのは1,000万円までだった。

契約条件をよく見ていなかった私も悪いのだが、大急ぎで診断書を用意することになりやや手間取った

口コミの総括

「かぞくへの保険」は、保障内容に無駄が無く自分に合ったプランを幅広く選べる点が高評価されています。

その一方で、健康診断書が必要なケースに該当してしまい、やや申込に手間取ったという指摘もあります。

「かぞくへの保険」は、前述したように、契約年齢ごとに告知のみで申込OKな契約金額の上限が異なります

この金額の上限を超えた場合、健康診断書の添付が必要です。

ライフネット生命の商品は、申込手続きがネット入力で行えて便利ですが、保険担当者と対面して申し込まない分、細部の契約条件もご自分で慎重にチェックしなければいけません

そのため、契約内容を誤解したまま加入してしまう可能性もあります。

自分のペースで申込を進められるのは便利ですが、対面申込以上の注意力が必要となるでしょう。

まとめ

ライフネット生命の批判的な口コミの中には、過去にLGBT(同性パートナー)の方々が死亡保険へ加入できないという指摘もありました。

しかし、ライフネット生命側の努力でこの制約は撤廃されています。

同性のパートナーが加入できる条件は次の通りです。

この2つを提出することになります。

なお、保険担当者が加入希望者を訪問し面談するケースもあります。

このように無条件で加入が認められるわけではないものの、死亡保険金の受取人に指定できる方々の範囲は確実に拡大しています。

不明な点があれば、ライフネット生命のカスタマーセンターに問い合わせて、詳細を確認してみましょう。