【簡単解説】学資保険とは?必要性から種類、選び方まで徹底解説!

学資保険とは

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体の記事監修を務める。
子供が生まれた時に、学資保険の勧誘などを受けたことがある人も多いのではないでしょうか?

子供が生まれたら、学資保険や子供保険に加入する事が当たり前のようになっていますが、そんな学資保険についてどこまで知っていますか?

学資保険って本当に必要なの?」「どの保険が自分には合っているの?

この記事では学資保険の必要性や、その種類・特長といった、いまさら聞けない基礎知識について解説します!


この記事の要点
  • 子供の将来のために教育資金を準備するのが、学資保険。
  • 貯蓄に適した貯蓄型と、貯蓄と保障の両方を兼ねそろえた保障型がある。
  • 保険に何を求めているのか、どのくらいの金額が欲しいのかを明確にして、保険に加入しよう!
  • 今人気の学資保険商品をまとめて資料請求。大切なお子さんへの資金をご家族で話し合いましょう。

学資保険おすすめランキングは保険市場の資料請求で!

 

\人気学資保険資料請求は1分で完了/

学資保険資料をまとめて請求(無料)

先輩パパ・ママに人気のソニー生命の学資保険詳細はこちら

まずは学資保険に加入する目的を定めるところからスタート!

学資保険検討者

子どものための学資保険ってそもそも何のための保険なのですか?
学資保険とは、簡単に言うと子供の教育資金を準備するための保険です。

松葉 直隆

小学校や中学校に関しては、授業や通学に使うものの準備に、高校や大学に関しては入学金や授業料にまとまった費用が掛かります。

子供の学費

この時の費用を賄うために、コツコツと準備をするのが学資保険です。

学資保険の給付条件の例
  • 小学校から大学までそれぞれの入学時に受け取ることが出来るもの
  • 大学の入学時に一括で受け取れるもの
  • 大学の在学中の4回から5回に分けて受け取れるもの

そんな学資保険には、貯蓄性を重視している保険商品もあれば、貯蓄と保障が一緒になった保険商品もあります。

学資保険と一言で言っても、給付条件も異なれば商品内容も異なります。

松葉 直隆

それは、同じ教育資金の準備や子供のための保険と言っても、求めるものが人それぞれ違うからです。

学資保険検討者

現代では、収入も生活環境も考え方も異なりますし、ニーズも多様化していますもんね。

一昔前では、「子供が生まれたら学資保険や子供保険に加入しなければいけない」と言って進めていた保険とは、少しずつ異なってきており、学資保険も多様化しているのです。

次の章からはもう少し細かく学資保険について見て行きましょう。

学資保険の種類を知ることで何を重視したいかが分かる

学資保険 貯蓄型 保障型

学資保険と一言で言っても、その保険商品の内容はそれぞれ少しずつ異なります。

MEMO
大きく分けると、貯蓄に特化した「貯蓄型」と貯蓄と保障を兼ね備えた「保障型」の2つに分けることが出来ます。

また、貯蓄型でも細かく給付のタイミングが異なる商品があるのですが、ここでは大きく2つの種類について解説していきます。

貯蓄型【高返戻率を狙え!】

基本的に学資保険の多くはこの貯蓄型の保険となります。

この貯蓄型の保険の特徴は、返戻率の高さを売りにしている点です。

返戻率とは?

返戻率とは、支払った保険料と受け取った給付金の差という事であり、支払った保険料より多くの給付金を受け取った場合には、返戻率が100%を超えるという事になります。

貯蓄型の場合は、将来の学費を貯めると言う目的があるために、この返戻率がより高い商品を選ぶ必要が出てきます。

学資保険貯蓄型

そして、その返戻率は受け取り方や保険料の支払い方によって大きく異なります。

松葉 直隆

保険料をより短い期間で払い、受け取り方法を大学入学時や大学入学後など受け取るタイミングが遅ければ遅いほど返戻率は高くなる傾向があります。

それは、保険契約者が支払った保険料を保険会社が運用する期間(増やす期間)が長ければ長いほど保険会社が損をしないからです。

解りやすく言うと、保険料を15年間かけて支払って15年後から少しずつ貰うよりも、10年間で支払って18年後から受け取る方が、受け取る金額が多くなるという事です。

これは、運用する金額が多くなればなるほど、運用益が大きくなるという事です。

MEMO
現在販売されている学資保険の多くは貯蓄型であるという事と、返戻率が大切であるという所をここでは覚えておいてください。

保障型【万一にも備える】

学資保険には、先ほどの貯蓄型だけではなく、病気やケガで入院をした場合の保障がセットなった保険商品や、被保険者である子供が死亡した時の保障が付いている商品もあります。

こちらのタイプは、貯蓄性を重視している訳ではないので、返戻率も高くはありません。

俗に言う「こども保険」と言われるタイプでもあります。

 

学資保険保障型

松葉 直隆

保障型の多くは、各共済が販売している商品や、かんぽ生命の販売している学資保険に見られるタイプであり、貯蓄性よりも保障を売りにしている商品です。

見分け方に関しては、返戻率を前面に出していない商品と言えるでしょう。

このタイプは、子供に万が一の事があった時の保障もあり貯蓄もしたいと言う方に向いているタイプと言えるでしょう。

学資保険が必要な理由を今いちど考えよう

学資保険検討者

学資保険の種類に関しては分かってきたのですが、なぜ学資保険が必要なのかいまいち解っていないので学資保険の必要性がぼんやりしています。

ここでは、子供の学費について貯蓄や収入と言ったところを交えて解説していきます。

MEMO
学費に関してしっかりと理解したうえで、将来の学費の準備をするようにしましょう。

学費にかかる金額

子供が生まれたら、当面の育児にもお金はかかりますが、成長するにつれて、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学と進学して行くでしょう。

松葉 直隆

近年では、大学進学率も90%近くなり、多くは大学進学をする事になるでしょう。

幼稚園から大学まで私立校に通わせた場合には、その費用として2,000万円~3,000万円ぐらいの費用が必要とされています。

また、幼稚園から大学までをすべて公立校に通わせた場合でも1,000万円近くの費用は必要と言われています。

子供の学費

細かな金額に関しては、多くのサイトで書かれているので、検索していただければすぐに見つかると思います。

その学費の中でも大きな金額が必要とされているのが、大学入学のタイミングです。

MEMO
大学入学前の受験料(宿泊代なども含む)から入学金や授業料などを合わせると、数百万円の金額となる場合が多く、そのタイミングに合わせて学資保険などで準備をすると言う方が多いです。

学資保険検討者

一気に必要になると思うと、お金の心配しかないですね…

また、教育の無償化などが整備され始めたとはいえ、授業料や教科書代以外にも多くのお金は必要となってきます。

学資保険検討者

これは教育費のみの数字ですし、ほかにも養育費が多額にかかってきますもんね。

子供を育てるには、大きなお金が必要になるという事です。

貯蓄があるか否か

結婚をして子供が生まれるまでにある程度の貯蓄をしている方もおられるかもしれませんが、大学入学時などに必要な費用を貯めるのは簡単な事ではありません。

貯蓄をしている方の多くは、様々な金融機関にお金を預ける預貯金という方法を取っていると思います。

注意事項
しかし、銀行にお金を預けても、金利は低くお金が増えるという事は望めないのが現状

そして、コツコツとお金を貯めると言っても、日常の生活を送っている中でお金が急遽必要になる事もあり、なかなか思う通りに貯蓄が出来るという事も少なくないでしょう。

貯蓄に関しては、上記の様になっていると言う方が大半ではないでしょうか?

学資保険検討者

うちはまさしくそのパターンです。

この事からも、貯蓄の代わりとして少しでも多くお金を準備したいかたが、学資保険に加入しています。

現在・将来の収入

現在の20代や30代、40代ぐらいまでの平均年収は200万円~400万円程と言われています。

あくまでも平均値ですので、これよりも貰っていると言う方もいれば、これよりも少ないと言う方も多くいる事でしょう。

しかし、決して近年の平均年収は高くはありません。

松葉 直隆

その様な収入の中から、生活費を捻出して貯蓄に回せるお金がどれ位あるでしょうか?

また、高度成長期と異なり、右肩上がりで給与が増える訳でも、年功序列で給与が上がる訳でもないのが現状でしょう。

収入が決して多くないのが現在の子育て世代と言える中で、子供の将来の事もしっかりと考えなければいけません。

学資保険検討者

今の生活を送りながら、数十年先の大学進学のための費用を捻出することなんてことが出来るのか、正直不透明ですね。

学資保険の選び方を心得よう【損をしないために】

ここからは実際に学資保険の選び方に関して解説していきます。

この記事のメインとなる所ですので、自分の生活や考え方に合った保険を選ぶヒントにしていただければと思います。

何を重要視する?目的の明確化

松葉 直隆

学資保険の選び方で大切なのは、何を重要視するのか?という所です。

学資保険と一言で言っても貯蓄に特化した商品もあれば、保障が付いた商品もあり、何を重要視するのかで選ぶ保険が変わってきます。

また、貯蓄に特化した商品を選ぶ際にも、給付金を受け取れるタイミングがそれぞれ異ります。

学資保険の給付金受け取りのタイミング
  • 小学校から大学まで入学のタイミングで給付金を受け取りたいのか
  • 大学入学の時にまとめて給付金を受け取りたいのか
  • 大学在学中の授業料などに充てたいのか
MEMO
大学入学時にまとまったお金を用意したい場合には、学資保険ではなくても終身保険で備えると言う選択肢も出てきます。

学資保険検討者

貯蓄だけではなく、子供が入院をした時の保障などにも備えるには、保障型の学資保険を選択すれば良いですか?
これに関しては貯蓄と保障を分けて考える方が得策という事もありますので、後ほど少し詳しく解説をします。

松葉 直隆

この様に、大きく分けても2つの種類がある学資保険ですので、自分は何のために学資保険に加入するのか?という目的をしっかりと持ったうえで、保険選びをするようにしましょう。

貯蓄性を重視する場合

貯蓄重視の場合は、やはり返戻率を確認する必要があります。

返戻率とは

支払った保険料と受け取った給付金の差の割合となり、返戻率が高ければ高いほど得をするという事になります。

貯蓄性を重視する場合には、この返戻率が高い商品を選ぶことはもちろんですが、受け取り方法や保険料の支払い方によってもさらに返戻率を上げることが出来ます。

返戻率の上げ方
  • 受け取りを遅いタイミングにする:18歳以降の受け取りにする
  • 早く支払う:一括支払いもしくは10年など早く支払うようにする

多くの保険商品の場合、返戻率を高くするのであれば、以下の3点が挙げられます。

  1. 給付金の受け取りを大学入学時である18歳から4回または5回の給付を選ぶこと
  2. 保険料の支払いを一括または10年間と出来るだけ短くする事
  3. 保険料の支払いを出来れば年払いにする事

そうする事で、受け取る給付金は変わらないのですが、支払う保険料が安く済むために、返戻率が上がるのです。

また、貯蓄を重視するのであれば、この返戻率は103%以上の商品を選ぶようにしましょう。

ソニー生命の学資保険詳細はこちら

子供の保障も欲しい場合

学資保険検討者

貯蓄もしたいけど、子供に何かあった時の保障も欲しいので、保障型の学資保険を検討しています。
注意事項

保証型の学資保険で注意しなければならないのは、保障といっても、病気やケガでの入院を保障している商品と、子供が万が一亡くなった時の死亡保障だけの商品という事になります。

つまり、子供のケガや賠償責任など多くの保障を求める方には向かないと言えるでしょう。

保証型の学資保険を選ぶのは、お金を増やすことは主目的ではないけれども、貯蓄も保障も欲しいと言う方向けと言えるでしょう。

松葉 直隆

子供のケガや病気、賠償責任など子供に関する様々な保障が必要だと感じる方は、学資保険で保障型を選択するより、学資保険や終身保険で貯蓄をして、子供の保障に関しては、共済など保険料・掛金の安い共済や保険で準備をすると言う選択をする方が良いでしょう。

貯蓄と保障を別けることで、全体的なコストパフォーマンスがよくなることが多いです。

学資保険の内容

ここで少し、学資保険は生命保険の一種になりますが、どのような保険なのか?を解説しようと思います。

生命保険には死亡保険・生存保険・生死混同保険と言う基本の形がありますが、学資保険はどれになるのか気になる方は居ませんか?

学資保険は貯蓄の代わりであり、給付金が貰えたら保険の内容なんて興味が無いと言う方も多いかもしれませんが、知っておいて損はしないでしょう。

松葉 直隆

学資保険には貯蓄型と保障型がありますが、学資保険は基本的にすべて保障型と言っても良い保険です。

死亡保険・生存保険・生死混同保険の中では、生死混同保険の分野に属し、被保険者である子供が元気で満期まで無事に生きている事を前提として、決められた時期(高校入学や大学入学など)に生存給付金が支払われると言う保険です。

そのため、万が一保険契約期間中に被保険者である子供が亡くなった場合には、それまで支払った保険料の総額が死亡保険金となります。

この保険内容をしっかりと理解している方は意外と少ないので、覚えておいて損は無いでしょう。

人気の学資保険商品を一挙紹介!

学資保険検討者

学資保険についての知識が備わってきたところで、実際にどんな商品があってどれが人気なのか気になってきました。

この記事のこれまでの事をしっかりと理解できれば、自分で保険を選ぶことも出来ると思いますので、ここからは主な学資保険の商品の内容を少し解説していきます。

MEMO
貯蓄型と保障型と分けて解説しますが、詳しい保険商品の解説ではなく、今回の記事で解説した内容に沿った部分のみを重点的に解説していきます。

貯蓄型は返戻率に関して解説し、保障型は保障内容に関して解説していきます。

貯蓄型の学資保険商品

現在の学資保険の主な商品は貯蓄型になりますが、その中でも評判の良い商品を少し紹介していきます。

ソニー生命(学資金準備スクエア)

ソニー生命の学資保険の詳細と比較

ソニー生命の学資保険は「学資金準備スクエア」と言う名前の通り、子供の学費を準備する事を目的とし、貯蓄性の高さと、給付タイミングを選べることが大きな特徴と言える商品です。

特長:給付タイミングが3種類から選べる
選べる給付金受取のタイミング
  • 大学在学中である18歳~22歳までの間に5回の給付金を受け取れるタイプ
  • 大学入学時に1回の給付金を受け取れるタイプ
  • 中学・高校・大学のそれぞれの入学時の3回の給付金を受け取れるタイプ

学資保険検討者

たくさんのプランから選択できると、柔軟に対応してくれて良いですね!
ソニー生命の学資保険の柔軟なプランは、先輩パパ・ママに選ばれ続けている理由の一つです。

松葉 直隆

ソニー生命の学資保険

返戻率:101.7%~107.2%

(契約者30歳・被保険者0歳・保険料払込期間10年の場合)

給付タイミングにより返戻率が異なります。

返戻率が高いプランと低いプラン

大学在学中の5回の給付金を受け取るタイプが最も高く、中学入学時から3回受け取るタイプが最も返戻率が低くなります。

また学資金準備スクエアは、保険料の払い込み期間は被保険者が10歳になるまでと10年間しか選択が出来ませんが、通常の学資保険であれば18歳までの支払いも選択が可能。

学資保険検討者

返戻率は下がりますが、毎月の保険料を抑えることができますね!
注意事項

大学在学中に5回の給付金を受けるタイプのプランは、上記と同条件でも返戻率が103.8%と少し低くなる点に注意が必要です。

保険金(給付額)等を変更する事で返戻率なども少し変わります。

興味のある方は公式ホームページで保険料のシミュレーションが出来ますので、ご自身の条件を入れて試算してみてください。

ソニー生命の学資保険

スポンサーリンク

ソニー生命の学資保険詳細はこちら

明治安田生命(つみたて学資)

明治安田生命の「つみたて学資」が少し特徴のある商品となります。

商品内容に関しては、ソニーや日本生命の商品と大きな違いはなく、大学在学中である18歳~21歳までの間の4回給付金を受け取れる商品となり、保険料の払い込みも10・15年と選択が出来るのも変わりありません。

松葉 直隆

返戻率に関しても大きな差は無く、104%前後となります。

しかし、明治安田生命の「つみたて学資」の大きな特長と言えるのは、保険料の払い込みに関して一括払いが選択できるのです。

この一括払いをする事で、返戻率が109%と非常に高くなるのが特徴と言えるでしょう。

特長:保険料の支払いで一括払いが選べる事で、返戻率が他社商品よりも高くすることが出来る。

また、基準保険金額と言われる1回に貰う給付金額が70万円以上の場合には高額割引が適応される。

返戻率:高額割引が適応された場合の返戻率は104.3%~109%

※高額割引が適応されない場合には102.9%~108%となります。

返戻率は、保険料払い込が一括払いの場合に最も高くなり、払込期間が15年の時が最も低くなります。

資金に余裕がある場合や、両親などから援助や贈与がある場合に活用するのであれば、魅力的な商品と言えるでしょう。

松葉 直隆

\人気学資保険資料請求は1分で完了/

人気の学資保険資料はこちらから一括請求

日本生命(ニッセイ学資保険)

日本生命の学資保険である「ニッセイ学資保険」も返戻率の高さで人気の商品の一つと言えます。
給付金受取のタイミング
  • 大学在学中の18歳~22歳までの5回の給付のみの「こども祝い金なし
  • 上記5回に加えて小学校・中学校・高校の入学時に祝い金を受け取れる「こども祝い金あり

学資保険検討者

プランは2つだけなんですね。

また、「こども祝い金あり」の場合は保険料の払い込みが18歳までとなり、返戻率も低くなります。

そして、給付金の受け取り方に少し特徴があり、初回の給付金が多く、残りの4回は初回の半分の金額になります。

そのため、入学金と各年度の授業料の準備として活用するには良い商品と言えるでしょう。

松葉 直隆

ニッセイ 日本生命の学資保険

特長:給付のタイミングは1つだけであるが、祝い金ありにすると小学校の入学時から祝い金を受け取ることが出来る。

男学資保険検討者

初回の給付金が多く貰えることで、大学入学時の入学金などの大きな費用に備えることが出来ますね。

こども祝い金ありの場合の保険料払込期間は学資年金開始まで(0歳加入の場合は18歳まで)しか選べず、加入年齢も子供が2歳までとなっています。

また、こども祝い金なしの場合は、上記の払い込み期間と5年・10年と3種類から選ぶことが出来ます。

返戻率:102.2%~108.5%(月払いの場合)

※年払いにすると返戻率ももう少し高くなります。

返戻率に関しては、「こども祝い金なし」の保険料払込期間5年の場合最大の返戻率になります。

学資保険検討者

その分、毎月の保険料は高くなってしまいますね。

また、「こども祝い金あり」の場合は、受け取る金額が多くなることもあり、返戻率は最も低くなります。

日本生命の学資保険は「ほけんのぜんぶ」で相談(無料)

保障型の学資保険商品

ここからは保障型の商品を少し紹介していきますが、保障型の保険商品はあまり種類がないので、ここでは1つの商品を紹介します。

かんぽ生命(学資保険 はじめのかんぽ)

かんぽ生命の「はじめのかんぽ」は、学資保険としての部分はソニー生命などの内容と変わらず、給付タイプを以下の3つから選ぶことができます。

MEMO
  • 大学入学時
  • 大学入学時+在学期間中
  • 小学校入学から大学入学までの4回給付
注意事項
それぞれ、加入できる年齢制限が異なりますので、注意が必要です。

そして、かんぽ生命の「はじめのかんぽ」は、この内容に特約として子供の入院・手術・放射線治療に備えられるという所が保証型の学資保険といわれる所以です。

この特約を付けることで、子供の入院や手術に関する備えをすることは出来ますが、返戻率は必然的に下がる事になり、100%を超えることはありません。

松葉 直隆

貯蓄性のある部分に保障と言う掛け捨て部分が加わる事になりますので、貯蓄目的ではなくて保障も両方を手ごろに備えられたら良いと思う方には良いかもしれません。

まとめ

学資保険について解説してきましたが、いかがでしたか?

学資保険検討者

学資保険とは、簡単に言うと子供の学費を準備するものであり、銀行などに預貯金をするよりも効率的にお金を貯める方法の一つということですね。

学資保険検討者

子供が生まれると、日々子育てに追われて子供の将来についてゆっくりと考えることもままならないことも多いですが、今は小学校・中学校・高校・大学と進学する子どもが大半ですし、それにはお金は付きものですよね。
将来子供が進学したいと言った時に、お金の心配をすることの無いように、学資保険などを活用して準備をしていきましょう。

松葉 直隆

また、漠然と学資保険に加入するのではなく、自分は何を求めているのか?どれぐらいの金額を準備したいのか?という所をしっかりと考えて、保険選びをするようにしましょう。

これは、学資保険だけではなく、生命保険をはじめとするすべてに共通する事ですので、保険に加入する前には、何のために保険に入るのか?という事をしっかりと整理をしてから保険を選ぶようにしましょう。

学資保険を検討したり、また他の生命保険の方が良いのではと悩まれる方は是非「ほけんのぜんぶ」など無料で相談ができる代理店を利用してみてください。

松葉 直隆

家庭に合った学資保険は「ほけんのぜんぶ」が提案(無料)